FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAN and Pick

BAN and Pick

2014のLJLが終わり最初の頃とはかなりBANPICKが面白くなってきた中
考え方に付いて書きたいと思います。
これは5v5の大会等を前提として書かせて頂きますので、SoloQに関しては任せた。

まず、Blueサイドが1stPickが取れる。逆サイドが2Pick取れるこの点に注目。
次に1stPickが取れるTeamからBANしなくてはいけないという事である。

これを踏まえた上で重要な事は2点

ブルーはいかに自分達がBANしたいチャンピオンを相手にBANさせる事により1stPickの利点を生かす。
パープルは相手のBANをよみながら2チャンピオン取りたいPickやカウンターOP等を空ける事。
そしてもっとも重要であろうBANがメタBANになるだろう。

次にBANもただ単純に無意味な順番等は存在せず、1回1回のBANのやり取りで読み合いが存在する。

わかりやすい例を出すと

ブルーにZedを使わせたらとても強いプレイヤーが存在するとする。
この場合ブルーサイドはZEDをとりたいと考えるだろう。
その際にパープルサイドが1stのBANにZedを選んだ場合、ブルーサイドはZEDが使えない場合の構成を考えてBANを変えるだろう。
では、次にパープルサイドが3rdBANにZEDを選択肢に入れて考えてBANが進行した場合。
ブルーサイドはZEDを考慮しながらのTeamコンプを考えながらBANや1stPickも考慮したBANをする可能性はある。
これで3rdBANにZEDを選択肢に入れながらパープルサイドは2チャンピオンのOPを空ける事を考慮する。
更にはBANを選択せずにPickで取れる可能性やカウンターTeamコンプで勝てるチャンスもあるわけだ。

ゲームは既にBANPickから始まっているのでここを楽しめる様になると非常に楽しいだろう。

大会でのBANPickを全て予想し当てる事が出来れば君はアナリストとして向いている。
実力が五分五分の場合ここでゲームが決まるといってもいいシーンであり
尚且つここでゲームが決まる可能性もある。しっかり考えてBANPickしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。